爪 栄養

爪にも栄養を与えましょう!

健康な爪を維持するために必要な栄養素は、たんぱく質・ビタミン・ミネラルなどです。

体と同じように、爪にもバランスの良い栄養を与えなければいけません。

ということは、食事もバランス良く取る必要があります。

具体的にはどのような食事を取ればいいのでしょうか?



まずはたんぱく質はとても重要です。

動物性タンパン質は、爪に弾力性を与え、植物性たんぱく質は爪を丈夫にする働きがあります。

肉類・魚介類・卵・乳製品・大豆などを普段の食事に積極的に取り入れましょう。



そして欠かせないものはビタミンです。

薄い爪を硬く丈夫なものにするビタミンAです。

レバー・ウナギ・卵黄・緑黄色野菜などの食物に含まれます。

ビタミンB7は、爪の細胞の成長を促します。

レバー・イワシ・バナナ・タマネギ・豆類(ピーナッツ)に含まれます。

ビタミンB2は、新陳代謝を活発にする働きがあり、爪だけでなく、皮膚や髪の毛、歯に良い食材です。

緑黄色野菜・果物(リンゴ、パパイア)・レバーなどに含まれます。

ビタミンCは、ささくれを予防します。

柑橘類(レモン、オレンジ)・ピーマン・トマト・じゃがいも・さつまいもなどに含まれます。

ビタミンDは、爪や骨、歯を丈夫にします。

イワシ・マグロ・さけ・レバー・卵黄などに含まれます。

ビタミンEは、爪の黄ばみを予防します。

植物油・ほうれんそう・ナッツ・グレープフルーツなどに含まれます。



あとはミネラルです。

ミネラルにはカルシウム・鉄・亜鉛などのことで、全ては爪を丈夫にし
形成するための必須栄養素となります。



ビタミン・ミネラル・たんぱく質