ビーグレン ハイドロキノン

ビーグレンの美白成分「ハイドロキノン」について

今美白成分として皮膚科医でも肝班の治療でも
使われているハンドロキノン。

ビーグレンもハイドロキノンを美白成分として含んでいますが、
副作用などの話もあるため、心配という方も多いと思います。

副作用の心配のない濃度は5%。

そして、アメリカでは%基準があり、
2%未満なら安全といわれています。

アメリカで誕生し、日本人のお肌に合わせた製品を研究開発しているビーグレンですが、美白成分は1.9%配合しています。

しかし、
浸透ナノカプセル化によって、皮膚科医では4%レベルと
同等の効果があると言われています。


ビーグレンはハイドロキノンの「出来てしまったシミに一番有効な成分」に
着目をしていますが、万全な安全性も考えています。


一般的に妊娠中や授乳中は注意が必要!といわれているため、ビーグレンでは医師に相談
ということになっています。

そしてビーグレンのハイドロキノン情報ですが、公式サイトに使用量や使用方法についても
きちんと記載してありますので、不安な方は確認をしてくださいね。


 ビーグレンの詳細はこちら