ビーグレン 成分

ビーグレンの成分は安心なの?

ビーグレンの成分ですが・・・代表的なものとして


■ナチュラルクレイ クレンジングクリーム(洗顔)

水、モンモリロナイト、ソルビトール、PCA-Na、BG、
尿素、ココイルグルタミン酸Na、コカミドDEA、スクワラン、
ヒアルロン酸Na、フェノキシエタノール、
カプリン酸グリセリルカミツレエキス、PCA





■クレイ化粧水
水、ソルビトール、グリセリン、ダイズ発酵エキス、
オウゴンエキス、キシロビオース、フェノキシエタノール、
カプリン酸グリセリル、カミツレエキス、イリス根エキス、
モンモリロナイト、クインスシードエキス



■Cセラム(ビタミンC美容液)
PG、アスコルビン酸、レシチン、ポリアクリルアミド、
(C13,14)イソパラフィン、ラウレス-7





この他にもしっかりとした記載がされています。

そして注目したいのはきちんと成分一覧が記載してある中で「注意事項」があること。

例えば、クレイ化粧水の場合は
『植物エキスが増加したため、トロミがあること』が書いてあります。

また、エイジングクリームでは
『加水分解コムギ末は含まれていませんが、加水分解コムギタンパクが含まれている』ため
小麦アレルギーについて注意することが書いてあります。


もちろん、界面活性剤が含まれているものはどのタイプの界面活性剤か、防腐剤や添加物が
含まれている場合は、その理由がしっかりと記載されています。


 ビーグレン公式サイトはこちら