ビーグレン アンプルール

ビーグレンとアンプルールの違いは?

 
ビーグレンとアンプルールの美白効果ではどちらもハイドロキノンが使われています。

ハイドロキノンは副作用などが話題になっていますが、
アンプルールは安定化に成功したため、授乳中や妊娠中も使えると言われています。

対してビーグレンは主治医と相談になっていますが、実際危険であれば製品化されません。

ビーグレン愛用者さんはご存じですが、ビーグレンは安全・安心への配慮が
しっかりとされているため、少しでも注意と言う話を聞けば、100%安全はないため、
万が一のことを考えて注意が払われています。

そしてポイントが2つ。

■濃度
ハイドロキノンの濃度ですが、ここも注意していただきたいところです。

アンプルールは2.5%に対し、ビーグレンは2.0%以下なので、みるだけでは
アンプルールの方が多く含まれていると思います。

しかし、ビーグレンでは浸透ナノカプセル化によって実際皮膚科医で使われる場合4%レベルに
なっているということです。


■予防
ハイドロキノンは予防ではなく、今あるシミの改善です。

ビーグレンはそれだけではなく、浸透型ビタミンCやコウジ酸の20倍の美白効果が
実証されているシムホワイト377で予防対策成分も含まれています。


ビーグレンとアンプルールの美白効果、これだけ大きな違いがあるのです。




 ビーグレン公式サイトはこちら